営業時間(月~土)
12:00〜翌朝5:00(最終受付 月~土 4:00)

BLOG

スタッフブログ

STYLING

髪のキューティクルとケア方法について

2020/11/12

こんにちわ😀

 

 

いきなりですが髪の傷み・ダメージに悩む女性は多いでしょう。

本日は、キューティクルの役割とケア方法について紹介します。

 

⭐︎キューティクルとは
キューティクルとは髪の毛を覆っている、髪の一番外側にある組織のことです

キューティクルは、ウロコのように重なっているのが特徴でタンパク質が角質化したものなので硬いのですが、

少しの摩擦でも傷ついたり開いたりしてしまうほど大変デリケートです。

 

⭐︎キューティクルの役割

キューティクルは、キューティクルより下にある組織を外部刺激から守る役割を担っています。

キューティクルが髪を守ってくれることによって、健康的な髪の毛になるだけでなく

見た目も美しいツヤツヤの髪の毛へと導いてくれるのです。

 

⭐︎キューティクルが損なわれると

 

キューティクルは少しの摩擦にも弱いと説明しましたが、カラーやパーマ、アイロンやドライヤーの熱などでも

簡単に開いてしまいます。

キューティクルが傷んだり開いたりすると、髪の内部もダメージを受けてしまい、

切れ毛や枝毛といったダメージヘアの原因に。。

しかも、一度剥がれ落ちたキューティクルは自己修復できないため、

剥がれ落ちないようにしっかりとケアすることが重要なのです。

 

⭐︎キューティクルをキレイに保つ方法⭐︎

 

⭐︎正しい方法で髪を洗う

絡まった髪を無理にほどこうとするとキューティクルが傷むため、

シャンプーの前に軽くブラッシングをしておきます。

そしてシャンプーをつける前には、お湯でしっかりと予洗いをしで下さい。

シャンプーはよく泡立てから髪と頭皮に付け、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。

シャンプーで汚れをしっかり落としたら、すすぎを丁寧に行います。

お湯の温度が熱すぎると皮脂まで落としてしまうため、ぬるま湯が理想です。

トリートメントは、毛先から髪の中間にかけて揉み込むようになじませます。

洗い流すときはぬめり感がなくなるまで、しっかりすすいで下さい。

 

⭐︎ヘアオイルで髪をコーティングする。

トリートメントが髪のダメージを補修してくれるアイテムであるのに対し、

ヘアオイルは髪を保湿してくれるアイテムです。またヘアオイルを付けることで髪をコーティングし、

紫外線などの外部刺激から髪を守ってくれる役割もあります。ヘアオイルは保湿や摩擦の軽減、

スタイリングなどさまざまな場面で活躍してくれるアイテムですので是非使用して下さい。

 

⭐︎ドライヤーを正しく使用する

洗った後の髪は長時間放置せず、優しくタオルドライをして下さい。

タオルドライをすることで、ドライヤーを当てる時間を大幅に短縮でき、

熱による髪へのダメージを軽減できます。

詳しくは「髪の乾かし方」と言う

記事で紹介していますので

是非チェックしてみて下さい。

 

如何でしたか?

この事を頭に入れて

日々ケアをして頂ければ

髪が絶対に今よりも

キレイで美しくなります。

 

是非、実践してみてくださいね😊

 

Hair Studio BEIGE FUKUOKA

https://www.beige-fukuoka.com/access/

810-0002 福岡市中央区西中洲12-33

大同生命福岡ビル1F

TEL:092-752-7521

営業時間

5まで営業してます!

月~土 正午12:00〜翌朝5:00

(最終受付 月~土 4:00

早朝の予約は前日の電話予約もしくはネット予約のみで対応させて頂きます。

時間外のご予約にも対応させて頂きます。詳しくはお電話にて承ります。