地肌硬くなってませんか?

 

 

 

こんばんわ☺︎

今日から雨続きで嫌な日が続きますね☔️

そんな日はお風呂に浸かって頭皮でもマッサージなんていかがですか?

顔をマッサージするより頭皮をマッサージしてあげたほうが、顔がリフトアップします☺︎

に加えて、毛髪環境が良くなります。

ここらでポイント🖕🏽

 

地肌のやわらかさは、指で地肌を動かした際に、しっかりと地肌が動いているかどうかで見極めることができます。また、頭のてっぺんが張っているように感じる方や、普段から肩こりがひどい方は、地肌が硬くなっている可能性があります。

一方で、地肌が”ふっくらと厚みのある状態”というのは、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか。

地肌がふっくらと厚みのある状態であるかどうかも、ご自身で簡単にチェックができます。早速チェックしてみましょう。

まず、指の腹が地肌につくように、頭を掴みます。そして、頭頂部に向かい地肌を寄せるように動かしてください。その際、地肌が動きづらい場合は、厚みが低下し、硬くなっている状態です。

しっかりと大根を支える、ふっくら土

fig_04

上のような地肌を例えると、野菜を育てるための「土」が挙げられます。栄養たっぷりでふかふかに耕された土で育てられた大根は、太くしっかりしていますよね。地肌もふかふかで厚みのある状態だと、髪をしっかりと支え、美しさを育むことができるのです。

そのためにも、地肌に潤いを与え、ふっくらとした状態に導き、髪を支える土台を整えることはとても大切です。

年齢とともに地肌に起きる変化

お肌と同じように、年齢とともに地肌には様々な変化が現れます。その結果、先ほどご説明したように地肌が硬くなったり、厚みが低下したりすることに繋がるのです。

では、一体どのような変化が起きるのでしょうか。早速見ていきましょう。

1.帽状腱膜の硬化

先ほどの地肌の動かしやすさには「帽状腱膜」という組織が関係してきます。

この帽状腱膜には筋肉がなく、単体では動かすことができません。ですので、帽状腱膜の周りにある頭の前頭筋、側頭筋、後頭筋などが帽状腱膜を動かしてくれています。

ですが、疲れの影響やストレス、または加齢などによってこの周りの筋肉が収縮してしまと、帽状腱膜が引き伸ばされ、薄くなり、硬く動きにくくなってしまうのです。

2.ヒアルロン酸の減少

「ヒアルロン酸」という言葉、テレビや雑誌でもよく耳にしますよね。ヒアルロン酸は、もともと人間の体内に存在する成分で、水分を保持する保水力が高いことが特徴の成分。
このヒアルロン酸は、地肌の潤いややわらかさ、厚みにも大きく関係しているのです。

fig_01

ですが、上記のグラフのように、ヒアルロン酸の量は年齢とともに徐々に減少していきます。これも、年齢とともに地肌が硬くなっていく要因の一つです。

このような地肌に起きる変化をケアし、髪の美しさを育むための土台を整えたい!という方にオススメなのが、今回ご紹介するエイジングスパライン。さっそく見ていきましょう。

 

さいごに

変化を感じたら、まずは地肌マッサージから始めてみたり、美容師さんに地肌の状態を診断してもらったりと、ぜひ地肌ケアにも注目してみてくださいね。

 

 

当店コロナ対策バッチリです🐻

 

Hair Studio BEIGE FUKUOKA

https://www.beige-fukuoka.com/access/

810-0002 福岡市中央区西中洲12-33

大同生命福岡ビル1F

TEL:092-752-7521

営業時間

7時まで営業してます!

月~土 15:00〜翌朝7:00

(最終受付 月~土 6:00)

早朝の予約は前日の電話予約もしくはネット予約のみで対応させて頂きます。

時間外のご予約にも対応させて頂きます。詳しくはお電話にて承ります。

ご予約・お問合せ

☎ 092-752-7521