「髪がうねっていたり、ぼわんと広がってまとまりずらい…」

みなさんこんにちは、朝まで開いてる便利な美容室

ベージュ福岡でございます。

「髪がうねっていたり、ぼわんと広がってまとまりずらい…」
というようなお悩みを抱えている方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

クセ毛だから、傷んでいるから様々な原因がありますが、髪の毛について少し

説明いたしますと、

毛髪内部のタンパク質は、大きく分けて以下の2種類が存在します。

⑴親水性タンパク質
⑵疎水性タンパク質

親水性タンパク質とは、水分を保持することができるタンパク質。
疎水性タンパク質とは、水分を保持しにくく、乾燥しやすいタンパク質の事を指します。

最近の研究で、髪の中の2種類のタンパク質の割合は、30代、40代にかけて親水性タンパク質の割合が減り、疎水性タンパク質の割合が増えてしまうことがわかっています。

そしてこれが、年齢とともに髪がまとまらなくなる原因でもあるのです。疎水性タンパク質の増加により、水分保持力が低下する為、毛髪内部の空洞化が起き、結果、髪が軽くなってしまうため、まとまりが悪くなってしまうのです。

水分保持力が低下しているということは、もちろん乾燥もしやすくなってしまいます。また、毛髪内部が乾燥していると、うねりのある髪になりやすいと考えられています。乾燥していて、なおかつ髪が軽くなっている状態は、ふわふわと浮き上がり、ぼわんと広がってしまう大きな原因なのです。

解決策

解決策としては、毛髪内部の水分保持力をあげる効果のあるアイテムでタンパク質を親水化させて、髪の内部からうるおった状態にすることです。

研究の結果、保湿成分であるビタミンB6が疎水性タンパク質に結合することで、毛髪内部の水分保持力を向上させる効果があることがわかりました。

地肌環境を整えよう

内部が潤った髪になるためには、地肌環境を整えることが大切になってきます。そのためには、毎日の地肌ケアと地肌マッサージがとても有効的です。

【簡単にできる地肌マッサージ】

ここでは、効果的な地肌マッサージについて説明したいと思います。簡単にできる地肌マッサージを習慣的に行い、地肌環境を整えていきましょう。

しっかりと地肌ケアをすることは、紅斑やフケなどの地肌トラブルを防ぐことにも役立ちます。髪で見えにくいですが、実は7割もの人が地肌トラブルをもっています。
春夏に比べ、秋冬のほうが症状の発生率が高いとも言われています。このことを考えると、もうすぐ夏も終わりますし、より一層の地肌ケアが必要となってきますよね。地肌を健康に保つためにも、毎日の継続的な地肌ケアを徹底させましょう。

 

当店は5種類の香りの中から気に入った匂いでリラックスしていだけるクリームスパを行っています。

Hair Studio BEIGE FUKUOKA

https://www.beige-fukuoka.com/access/

810-0002 福岡市中央区西中洲12-33

大同生命福岡ビル1F

TEL:092-752-7521

営業時間

7時まで営業してます!

月~土 15:00〜翌朝7:00

(最終受付 月~土 6:00

早朝の予約は前日の電話予約もしくはネット予約のみで対応させて頂きます。

時間外のご予約にも対応させて頂きます。詳しくはお電話にて承ります。

ご予約・お問合せ

☎ 092-752-7521